首元や手首が寂しい…アクセサリーのコーディネートを教えて!

引き続き、拘りたい小物の一つとして挙げられるのが「アクセサリー」。ですが、慣れないうちはネックレスにブレスレット、指輪にピアスと欲張ってしまいがち。全身をじゃらじゃらさせるより、まずは一番目立つ胸元から彩ることを覚えましょう。襟元にリボンや真珠があしらわれた服、柄物などをよく着る方は華奢なチェーンの先にワンポイント飾りの入ったネックレスがおススメ。逆に無地の洋服を好む方は、少し大ぶりで胸元まで長さのあるネックレスを一本購入すれば、格段にお洒落になります。

ブレスレットを購入する場合は、サイズを間違えると腕から抜けてしまったり、逆に抜けなくなってしまったりするため、必ず買う前に何度かつけた感じを確認しましょう。デザインは数珠型やフープ型などがありますが、フープ型の方が抜けやすい傾向にあり、数珠型の方がゴムでしっかりフィットする形となっています。ただ、デザインがシンプルで服に合わせやすいのはフープ型ですから、お好みで探してみて下さい。

ピアスはまずぴアッサーで穴を空けるところから始まりますので、アルバイト先が飲食店の方は異物混入を防ぐため、基本的に透明ピアスも禁止の場合が多いです。一度空けるとひと月程度は定着させるためピアスを外すことができませんから、今空けても構わないかどうかをしっかりと考えましょう。また、指輪も四六時中付けておくと、水に触れた時や汗に反応して黒ずむ素材のものもありますので、普段使いには注意が必要です。