冬場のブーツはひざ丈?ブーティ―?身長別のお似合いを探せ!

冬場の足元に定番のアイテムと言えば「ブーツ」。防寒に効果的なだけでなく、期間限定のお洒落を楽しめるという意味でも一足は持っておきたいものですよね。では、初めてのブーツはどのようなものを購入すればよいのでしょう?身長、体型別に考えてみましょう。

まず、長身で細身の方は、ひざ丈もよく映えますが思い切ってニーハイブーツを購入するのもおススメです。脚の長さが強調され、非常に魅力的に見えるでしょう。身長は高いものの脚の太さが気になる、という方は、ヒールの高いものにすればラインを美しく細身に見せることができます。色は出来れば黒にするのがよいでしょう。グッと引き締まった印象になりますし、服装にも合わせやすいです。あるいは足首までのショートブーツも、春先まで活用できておススメ。丁度足首が隠れるくらいのデザインは、脚が華奢で上から下まですっと太さが均等な方によく似合います。

逆に小柄な方の場合は、ひざ丈かブーティ―をおススメします。服装がフェミニンな方はひざ丈程度のブーツで、ブラウンかベージュの色味ですとより一層可愛らしさが強調されるでしょう。カジュアルな方は革製の黒で、編み上げデザインなどがおススメです。素材は革やスエード、合皮などがありますが、スエード素材は水に弱い上、春先や秋口には暑苦しそうに思われてしまうため意外と一足目には向きません。本革も雨の日には履けませんから、はじめは合皮辺りが無難です。長いブーツは脚の太さが目立つから…と気になる方はブーティ―が吉。ショートブーツと違い足首を見せることで、格段に美しくなります。