目を大きく見せたい!濃すぎない効果的なアイメイク方法は?

ベースメイクに慣れたら、顔立ちを変えるのに効果的なのはやっぱりアイメイク。しかし、やり方を間違えると一気に派手になり、自然な美しさが失われてしまいます。はじめのうちは上手く出来ないのが当たり前ですから、毎朝苦にならない程度の時間をかけてゆっくり次のステップに進みましょう。

まず、はじめから付けまつ毛に頼ろうとは思わないこと。まつ毛に貼り付けて使う付けまつ毛は、初心者にとっては結構な労力を使うものですし、上手く出来たとしてもナチュラルにはなりません。効果的に使用できるようになるまで、一旦は封印しましょう。とりあえず買っておきたい…という方は、バサバサ長いものを購入しないように気を付けて。あくまでも自分のまつ毛の長さを参考に、少し長めくらいのものを手に入れて下さい。

アイシャドウはお手本に書いてあるグラデーションをあまり参考にしすぎると、腫れぼったくなってしまうことがあります。最初はブラウンを乗せた後にピンクでぼかすなど、2色で練習しましょう。ブラウンを濃い目に付け過ぎると前述の結果になってしまいますので、目じりにポンと乗せるくらいを心がけて下さい。ビューラーは挟み過ぎに注意。まつ毛が抜ける原となってしまいます。

アイライナーは涙目になりやすい方の場合、必ずペンシルタイプを使いましょう。リキッドタイプはくっきり書けますが、比較的滲みやすいのが難点。ペンシルタイプなら涙で滲んでも頬まで垂れることはありませんから安心です。マスカラが乾ききってから上まつ毛の隙間を埋めるように引いていき、下瞼は控えめにしましょう。一本でスッと引ききるのが理想です。