指先って結構目立つ?ネイルアートよりまずはマニキュアから!

ここまで来たら爪も綺麗にしたい!と思うはず。指先はふと目に入ってしまう部位。お喋りの最中にも、意外と見られています。携帯を弄っている時、大学でペンを走らせている時、職場で資料を配る時…ふと視線をやった指先。別にマニキュアが塗られていなくても清潔にされていれば不愉快ではありませんが、やはりどうせなら綺麗に手入れされた指先の方が、見る方も見られる方も気持ちがよいですよね。

はじめて塗る場合はラメ入りで、色の薄いものを選ぶと効果的。流行のパステルカラーやラメなしのものは、2、3度塗り重ねなければ綺麗に見えない上、乾きにくく剥落が目立ちやすいため、注意が必要なのです。トップコートも念のため購入するのが良いのですが、最近では少し値は張るもののトップコート不要のものも増えているため、面倒ならそちらを買いましょう。

ネイルアートにはじめから挑戦するのは無謀というもの。マニキュアを塗ることに慣れたら、徐々に勉強していけばよいでしょう。いきなりやろうとするとどうしても不格好になったり、ボコボコと凹凸ができたりしかねません。また、あまりに奇抜すぎる色(真っ赤、黒、真紫など)は公の場にはNG。職場なら特に規定がなくとも、ピンクかベージュが基本です。

塗るのに慣れずどうしても指まではみ出してしまう場合には、前日の夜に塗って準備しておきましょう。朝起きて乾いていることを確認したら、ぬるま湯につけながら柔らかいスポンジでそっと撫で、爪以外の部分のマニキュアを落とします。綺麗に落ちてからトップコートを塗り重ねれば、美しい爪の出来上がりです。