余計に脚が短くなる?ダボパンよりもスキニーがおススメ!

お洒落にパンツを着こなしたい!と考えた時、何よりネックなのは脚の太さ。客観的に見れば太ったり痩せすぎたりしていなくても、女性にとって自分の体型にはどこかしらコンプレックスがあるものです。貧相な脚にダボっとしたパンツを履いたら、何となくみすぼらしく見えないかな?こんなに太い脚でスキニーなんて、絶対カッコ悪いはず!そういった固定観念から解き放たれ、自分に似合ったパンツスタイルを見つけるにはどうすればよいのでしょう?

まず、自分の脚は太いと思っている方。身長もないし、何だかむちむちしている…そんなお悩みがあるなら、むしろスキニーパンツやサブリナパンツで脚のラインを見せるべきです。脚を強調したくないからとダボパンを履いてしまうと、上半身のラインを綺麗に出さない限り全体的に太って見えてしまいます。上も下もダボダボ、なんていうのは論外。下をダボっとさせるなら上はピッタリしたものを身に付け、必ずメリハリを付けなければなりません。スキニーパンツなら、上半身の肉付きも合わせて気になる方でも長めのトップスやワンピースを着れば、一転してほっそりと見えるようにしてくれます。

逆に一般的には羨ましい限りですが、痩せすぎで貧相なのではないか?とお悩みの方。身長があるならサルエルパンツがおススメです。上半身をすっきりとしたTシャツや半袖シャツで纏めれば夏でも涼しげですし、脚の細さを気にすることなくゆったり履くことができます。ただし、冬のアウターと合わせると野暮ったく見えますので注意が必要です。小柄で痩せ型の方はゆったりしたクロップドパンツや腰骨の辺りに余裕のあるチノパンを履き、ヒールのあるパンプスを用いればスタイル良く見えるでしょう。