黒タイツやパンストだけじゃ物足りない!足元を彩るアイテムは?

ミニスカートやワンピース、ショートパンツなどを履く時、気になるのが生足を晒すこと。太さは勿論、傷があったり、肌が汚かったりなど個人的なコンプレックスは様々にありますよね。しかし、せっかく購入したならミニスカもショートパンツも着たいもの。そんな時に重宝するのがタイツやストッキング。肌を隠してくれるだけでなく、脚を細く見せてくれる効果もあるのです。

まだ不慣れなら、はじめはタイツにしておいた方が無難。ストッキングは生地が薄く破れやすいため、初めての時は慎重に扱わないと履く時や洗濯の際に伝線してしまいます。ですから、はじめのタイツはデニール(生地の厚さの単位)40以上のものにしましょう。20くらいになるとほぼストッキングと同じかそれ以下に薄いので、あまりおススメはできません。色は何でも構いませんが、脚を細く見せたい、あるいは肌をより隠したい気持ちがあるなら黒を選択して下さい。

昨今同様に知名度があるのがレギンスやトレンカですが、これは身長が低めの方が使うと脚が短く見えることがあるので注意。トレンカは脚長効果があると言われていますが、基本的に生地がタイツなどより厚めのため、肉づきのよい脚は特に膨らんで見えてしまうのです。

最近流行のタトゥータイツやストッキングなども、効果的に使えばお洒落になりますが、初心者にはあまりおススメできません。奇抜なものは洋服に合わせにくいですし、逆にちゃちに見えてしまうこともあります。パーティーなどでどうしても黒や肌色一色じゃ寂しい!という場合には、ワンポイントで足首に飾りがあしらわれているものなど、シンプルなデザインを選択しましょう。