ぷるぷるの唇はどう作る?グロスだけじゃすぐ落ちるし…

メイクの基本、最後は「唇」。ベースメイクとアイメイクが決まれば、あとはリップをどうするかですね。はじめのうちは食事や飲み物を飲むたびにお直しするのが大変ですが、慣れれば塗っていない方が何となく落ち着かなくなるもの。昔の口紅は独特の味がしたものですが、最近のリップは食事の際にも違和感のない匂いのものが多いので、安心して選んで下さい。

憧れるのは、化粧品のCMなどで見られるぷるぷるとした魅惑的な唇ですね。実はこれ、メイクで簡単に近づくことができるんです。あまりに凝り過ぎると毎日するのが苦痛になりますから、基本的には口紅とグロスだけで作ります。

まず、口紅はどこのメーカーでも構いませんが、なるべく唇に近い色味を選んで下さい。真っ赤やショッキングピンク、濃いベージュなどはどうしても浮いてしまいますから、唇が暖色系の方はサーモンピンクかコーラルピンクを、寒色系の方は少し紫がかった薄いピンクや淡いベージュを選択すれば、違和感なく馴染みます。そしてグロスですが、こちらもあまり濃い色同士を重ねてしまうと派手になりますから、出来れば透明に近いものを使いましょう。ラメが入っているとなお効果的です。

先に前述の口紅を下唇から上唇に広げ、軽くティッシュなどを噛んで歯に付着するのを防ぎます。この時、唇を厚く見せたい方は、気持ち唇よりはみ出して下さい。勿論、あまりはみ出しすぎると違和感が生まれますから、ごくごく僅かです。そして、その後に上からグロスを重ねて広げれば、ぷるぷるの唇の出来上がり!ただし、上記の通り食事をしたり水分を摂ったりすると落ちてしまいますので、こまめなメンテナンスが必要となります。